播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 子供と読書
FC2ブログ
図書館

毎日、この頃りっ君は家の本を読んでいます。。。
今まではまったく興味がなかった本なのですが( ̄^ ̄)ゞ

読んでいると本は、マンガの世界史です(´・ω・`)

お兄ちゃんのお誕生日に買った世界史です。。。

読んでいる理由は(^^♪
あっ君が
世界史のここの部分がかっこいい°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°とか、
この絵凄いでしょ✨

あっ君が読んでいる時に、時々りっ君にちらっちらっ
見せているのです(*´ω`)┛

ですが。。。
あっ君も最後まで読み終わるまで、りっ君には貸しません。。(´・ω・`)
僕が読んでから~o(o・`з・´o)ノ

お兄ちゃんが読んでからりっ君の番になるのですが。。。
りっ君は読みたいのを我慢しているので(*゚Q゚*)

お兄ちゃんの言っていた絵のページを一生懸命探して、
本の中身を確認(´∀`*;)ゞ
初めからそそくさと、あっ君がいなくなってから読み始めるのです(。-_-。)



喧嘩の原因になるのでルールを決めています。。。。(。-_-。)

先に本を読み始めた人が終わるまで、
その本をとってはいけませんルールです。。。(/∀\*)

二人ともルールを守って仲良く本を読んでいるのでいいかな~と思います(*^_^*)

トト <br

    購入した世界史のマンガはこちら
     ↓   ↓
播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 誕生日プレゼント

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村





親ができるのは「ほんの少しばかり」のこと

山田太一著

PHP研究所
9784569698878

脚本家の山田太一さんが親子や家族について書かれた本です。
私にとって共感できる部分が多く、読んだ後、心がすっきりしました。
本文の中で心に残った部分を紹介します。

「第三章 家族は人間を知る場所」より

家族という以外にコスミックな関係ー宇宙的な関係ーを人間は持ちにくいというんです。
家族以外では切れ切れに、仕事とか趣味とかいうように、ある側面だけで人間はつき合っている。

でも家族というのは誕生があって、病気があって、死があって、憎しみがあってと人間の世界のいろいろな根源的なものを総動員してつき合っている。(中略)一人の人間に一貫性を求めたり、観念に合わせた完璧な人間を要求したりというバカなことを、子育てを一人か二人したあとでは思わなくなる。

コスミック、宇宙的な関係。素晴らしい表現ですね。
これに当てはまる関係は家族以外、見当たらない。

私は自分が親になって家族が増えて本当に
色んな事を学ばせてもらってます。

家族をやって行くには一元的な考え方ではうまくいきません。
本音のぶつかり合いもあります。

そういう考え方もありかなと、
多元的な考え方ができるようになりました。


「第三章 家族は人間を知る場所」より

親は子供に条件をよくしてあげようあげようと思ってしまいますが、若いということは、悪い条件を乗り越えてしまうところがあるのではないでしょうか。
親の目で見て、条件が悪いなどということを、そんなに考えなくてもいいのかもしれません。
(中略)興味のあるものにはいきいきとガンガン進んで乗り越えて楽しんでしまう、逞しいところがあるように思います。

そうですよね。
でもわかってるんですけど、してあげたくなるのが親です。
著者も、見返りを求めずおせっかいしてくれるのは、
親以外いないとも書かれています。

私のアドバイスがだめな時はよくあります。
それなら、
判断つかないときは下手なアドバイスをせず
子供の可能性を信じて任せた方がいいかなと
少し思うようになってきました。


「第四章 親にできることは、少し」より

親がそうぬけめのないプランを立てたって、子供がその通りにならなければ、手も足も出ません。(中略)それが子供の素晴らしさだと思うしかないのではないでしょうか。

うちのあっくんの受験勉強がまさにそうです。
スケジュールをたてても、本人がその気にならないと
全く進みません。やる気があるときと極端です。

もし、受験をして、合格しても今の小学校の友達と同じ
市立中学校に行きたいと言いだしたら、
それでもいいかな。と最近思います。

中学生からは自分で考え
自分の道をつき進んで欲しいと思います。

慎之介

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村

図書館


子供の本で買う本と図書館で借りる本

子供たちと絵本を読んでいて思ったことを書いています(*^_^*)
子供たちが幼かった時の備忘録もかねています~。。。

もくじ






1. 我が家で買う本?借りる本



トトは今現在、子供に買う本と借りる本は2割買8割借です。実際問題、子供に与える本
全部買っていると本でお部屋がいっぱいになるし、金銭的にも×です(´・ω・`)


2.赤ちゃんの頃



赤ちゃんの頃は9割ぐらい絵本を購入してました(*^_^*)
2歳~3歳ぐらいまでも、絵本をよく買っていました
本を破いたり、なめたりよく汚すからです。落書きしたり、好きな部分だけ色を塗ったり、
破いたりは、しょっちゅうででも、大切にしていて、嬉しそうに何度もみていました(^◇^)



3.保育園、幼稚園の頃(4歳~6歳)



あっ君もりっ君も保育園や幼稚園に月に一度くる本はもちろん、新しい本を子供たちは心待ちにしていました(#^.^#)
あっ君が4歳位のころ本を買うのを一時期控えたときがありました。本の数がとても増え、管理が大変になったからです。
もちろん、2週間に一度(今でも続けています)図書館で本をかり、家にある本と一緒に
夜眠るときに4.5冊は本を読み聞かせていました(*^_^*)

4.買うのをやめた結果



買うのをやめ、図書館の本だけにしてみると、びっくりすることに(*_*;図書館の本は、面白かったで終わってしまうのです。
また、図書館の本の中には、何度も借りているのに、「これ借りたいよ~(*^_^*)、初めて読むよ」と言って
何度も持ってくる本もあります。
まったく覚えていないのです(´・ω・`)小さいうちは・・・
ですが、おうちにある本はこの本持ってる!あの本面白かった!お誕生日に買ってもらった本!保育園から頂いた本!
これはおじいちゃんに買ってもらったの!などなど
一冊一冊のことを、ちゃ~んとよく覚えていて愛着をもっているみたいなのです(#^.^#)

トトが気づいたことは子供って家に本がないと本当にすぐに忘れてしまうんだ!ということです。

4.また絵本を買うことに



びっくりして
また、本を購入するようになりました。

トトも小さな子供の頃読んだ本で覚えているのは、家にあった絵本です。
幼少期に読んだ本で覚えているのは、不思議と家に置いてあった本が中心です(´・ω・`)
:
その経験から
小学校の読書感想文の本とかも強く思い出に残りそうな本は買うようにしています。
何度も読み返して、そこから興味がわいてくれればいいなと
子供たちの本は今日も買うのです(^∇^)ノ

トト


PR

<予約販売>カレルチャペック 紅茶の福袋 Happy Teabag Set フレーバー&ハーブ【送料無料】


にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
音読破、5冊目です。
長文の音読破の挑戦しようと思っていましたが、
あっくんも私も少しメンタルが弱くなっているので
この本をセレクトしました。


大丈夫-キミならできる-松岡修造の熱血応援メッセージ 松岡修造著 河出書房新社 

Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓



3日ぐらいで音読破します。
この本で前向きのエネルギーを注入したいと思います。

慎之介



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
今、りっ君が夢中で読んでいる本は
芥川龍之介のトロッコです(^◇^)

杜子春、羅生門、鼻、
蜘蛛の糸、トロッコ
5つのお話が入っています。

小学2年生のりっ君には
難しいのではと思うのですが
マンガで書かれています(´・ω・`)

図書館で文芸まんがシリーズを
時々借りてきます。


本はこちら↓

新装版文芸まんがシリーズ 芥川龍之介:杜子春・羅生門
Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓


マンガなのでわかりやすく
書かれているので、サクサク読めます。

トロッコの話が面白いみたいで、
毎日この数日
繰り返し読んでします。

夢中です(*^_^*)

どこがおもしろいのか聞くと
こわ面白いのだそうです(´・ω・`)

最近の本によく書かれている、
仲間と一緒に助け合うお話が多い中、

自分一人で考え、
震えながらも立ち向かっていく
主人公が新鮮なようです。


自分だったらどうしようと主人公と重ねて
読んでいるようです(*^_^*)


何度読んでもわくわくするみたい(^◇^)

トト



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
昨日日曜日は
あっくん、りっくんと私の3人交代で
音読破に挑戦しました。

世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え  ジェンマ・エルウィン・ハリス編  河出書房新書   です。

Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓



小学生高学年ぐらいの子供達の質問に対し
その道のプロの方々がわかりやすく回答するという
子供電話相談室のような本です。

質問は全部で131あります。
例えば、
・宇宙に行き止まりはある?
・おしっこを飲めないのはなぜ?
・どうして右と左があるの?
・お年寄りにはどうしてしわがあるの?
・テレビはなぜ発明されたの?


といった具合で、子供達の食いつきが最高にいい
内容になっています。
3人で一気に読み上げました。

音読破も短編物というか、
文章の短い物が続いていますが、
文脈の流れを感じる訓練のために
今度は長文に挑戦しようと思っています。

慎之介




にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
個人的に非常に気に入っているシリーズ、
河出書房新書 14歳の世渡り術シリーズ

児童書コーナーにおいているのがおしい。
親も子供と一緒に読みましょう。
サクサク読めます。
知識の定着率がいいです。

君が地球を守る必要はありません 武田邦彦
Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓


【目次】
はじめに
僕はCO2で出来ている
元に戻れない僕たち
この世に終わりなんてあるのだろうか
ゴミをいくら出しても環境は大丈夫
君が地球を守る必要はありません
🌟🌟
常識となっていることが本当に正しいのか、
周りに流されず判断できる自分を育てましょう
という子供達に向けたメッセージが込められています。

慎之介

PR




にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
私は乱読派で
図書館で適当に取って
パラパラッと見て
興味をそそられたらトートバッグに放り込む。
という感じでバックがいっぱいになるまで
放り込みます。
(一人10冊、4人で40冊まで。2週間)
トトさんはよく吟味して数冊入れます。
ガーデニングの本が主ですね。
あっくんにも選んでほしいのですが
こち亀ばっかり読んで笑ってます。
🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

その中から、あっくんに今日の音読破本を
選択してもらいました。
荒俣宏氏の「アラマタ大辞典」です。
Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓

これは荒俣氏が厳選したワードについて
写真・イラストと共に解説・見解を記した本です。
知的好奇心でいっぱいの子供(特に男の子かな)が
飛びつきそうな記事がいっぱいです。
この本を今日一日、息子と音読破に挑戦です。
慎之介

PR




にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
子供ができて行くようになった所があります。
それは図書館の児童書コーナーです。
色んな分野の児童書がありますが、
これらはなかなか侮れません。
子供向けなのでわかりやすく、
写真、イラストが多く飽きさせません。
そして分厚くないのでサクサク読破できます。
気分転換にいいです。
私は「電子マネーこんなに便利」という児童書を借りてしまいました。
最近、楽天edyで支払ったりしてるのですが、
何が便利なのかいまいち感覚的にわからないのでつい。

さて、良い本を見つけました。
齋藤孝氏の「ズバリ攻略シリーズ 国語なんてカンタンだ!」です。
Amazon co.jp のページに飛びます。↑↓

この本によると、
「音読破」でキミは無敵になる!とのことです。
音読破とは、音読で一気に本を最後まで読み切ってしまうことで
読み切った後、国語のレベルが数段あがるそうです。
🌟🌟🌟🌟🌟🌟
読んでみたかった重松清氏の「ビタミンF」を借り、
夕食後の30分だけ(試しに)、あっくんと音読してみました。
4番目の短編「セッちゃん」です。
段落4の前で30分終了。続きは明日にして、感想を聞きました。
イジメの場面が少しショックだったようです。
でも、主人公=セッちゃんという図式がピンとこなかったようです。
う~ん、まさかって思うわな。
慎之介

Amazon co.jp のページに飛びます。↓



にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
今日は午前中、子供達は勉強。
私は庭仕事。
午後から図書館です。

日曜日は他に用事がなければ
隣の市の中央図書館に行っています。
CDが借りれるのがいいです。
マンガの単行本もたくさんあります。
DVDは借りれませんが
りっくん(小2)はカウンターに申し込んで
一人で勝手に映画を見てます。

ハリー・ポッター死の秘宝上を見てました。

あっくん(小5)は大好きな、
こちら葛飾区亀有公園前派出所 をよんでます。

市役所に隣接されており駐車場がかなり広いです。
播磨にすんでいる人は播磨内なら市を超えて
図書館に登録できるので便利です。

ただ返却は借りた市内の図書館でなので
遠くで借りると大変です。
私の市の図書館は蔵書は多いですが、
駐車場が狭く停められないときがよくあります。
また、CD、マンガ等の遊びがないなど
もう少し改善してほしいです。

ただ、電子図書館を開設されていて
こちらは便利で利用させてもらっています。
🌟🌟🌟
15時半からりっくんはコナミでプールなので
あっくんだけ図書館で好きにさせておいて
自分たちの市に戻り、
17時頃迎えに行きます。


居眠り読書


慎之介


にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村