播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 2019年02月14日
FC2ブログ
こんにちは。

3/17(日) に浜学園
’19年春 男子最難関中入試結果報告会」(予約制)が
阪急うめだホールで行われる旨、通達がありました。

行けそうにないので申し込みませんでした。
数字さえわかれば良いので。

各教室単位での合格結果はまだわかりませんが、
( もうじき壁に貼り出すと思います。)

浜学園全体では結果はよかったみたいですね。

兵庫県男子最難関校といえば
甲陽の2校ですね。

浜学園の2019年度合格速報 (浜学園の実績速報) によると、

  浜学園生102名合格 (募集人員約180名) 日本一&過去最高
甲陽学園  同 99名合格 (募集人員約200名) 日本一&過去最高

そのほか多数の受験校で日本一、過去最高を記録しています。


灘と甲陽は併願できないので
浜学男子 (約1600名) の内、201名が
灘か甲陽に行ったわけですね。
( 甲陽を蹴って他県の最難関へ行く子がいるかも
しれませんが。 )

浜学園の灘中合格コースのページです。

過去3回の公開テストで
3教科の順位が男女総合70位内に
一回でも入っていればこのコースに
入れる資格を得られます。

これは相当きつい条件です。

サイトにも書いてありますが、
向上心が強く意思が強い子でないと
続かないですね。

こういう熱気が感じられるサイトを見ると、
最難関校に挑戦したい
とあこがれも出てきますよね。

🌟🌟

あっくんの5年公開テスト性別順位ですが、
最高が、400番台後半でした。(男子約1600名中)
そして400~800番をいったりきたりしています。

あっくんは小4に入塾しましたが、
目的は距離が一番近い、東播磨の難関中学 (電車で30分)
への受験でした。

初めて入塾テストを受けたのが浜学園
選んだ理由は駅から近く
車も停めやすかったから。
面した通りが大きく明るい感じがしたから。

肝心な内容は深く考えていませんでした

入塾テストの結果、
Sクラスから入れると言われました。

浜の勉強はレベルが高いので
中学校1年生になって
授業に楽について行けますよ。との事。

そして他の塾を回らずに
浜学園にお世話になることにしました。

あっくんの目標の中学校は
浜の2019年の実績が過去最高になっていましたが、
日本一ではありませんでした

日能研か、地元の進学塾に負けているようです。

超難関校の受験を考えている生徒にとっては
浜学園に入るのが近道なのかもしれませんが。

6年に入り、
まだVに入れず、Sの下~中ぐらいで
本人はあせりも感じているようです。

しかし、このまま浜でがんばって
上に上がっていくしかないです。

目標の中学校は
Vの生徒よりもSの生徒の方が受験する割合が多いのですが
Vの生徒が確実に合格をものにするのに対し、

通っている教室ではSの生徒は結構だめだったようです。
特に算数を苦手とする生徒はのきなみ不合格だったようで、

算数が苦手なあっくんは注意して下さいと言われました。

しかし欠点を潰していけば、
まだまだ伸びる可能性はあると私は思っています。

親子で協力して
もっと成績を上げて、
余裕を持って合格させたいと思っています。

慎之介 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村