播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 2019年06月02日
FC2ブログ
算数勉強中


こんにちは。

今日第1日曜日は 朝7時 から
隣保の 草むしり でした。

私の住んでいる地域も
急速に 高齢化 が進んでいて

参加者20名ぐらいのうちの
ほとんどが60以上の方です。

でも、近所の年配の方々と
色んな世間話をするのは結構好きですね。

🌟


今日は、午前10:30から
りっくん(小3)が 浜学園入塾テスト を受けました。

りっくんはこれで 6回目 の入塾テスト常連さんです。


事務員さんに、

今回も受けますよね。という感じで誘われます。
サクラ? 


りっくんは、もうあきた。 といっていますが、
せっかく誘われてるし、

試験の緊張感と
試験問題に柔軟に対応して処理する力を養うのにいいかな
と思い、受けさせています。

1時間だけですしね。

今回は10名ぐらい受けていました。
4年生が多かった ようです。

りっくんは
ずっとHクラスで入塾許可がでています。

入塾許可がでないことはあるのでしょうか?

ネットで調べると、
落ちることはあるみたいです。


Sクラスで合格したら、ご褒美がでるで。
とやる気を出させます。


3年生は国語と算数のみ。

テスト後のりっくんの感想。

国語 はできた。

算数 は最後の問題がわからず
空白はだめだと思ったので

”1” って書いといたわ。とのこと。

うーん。


🌟


これだけ入塾テストを受けさせながら、
りっくんを4年生から浜学園に入らせるかは迷っています

一応考えている選択肢は2つ。


浜学園

地元にある進学塾。四谷大塚系。

ここは、りっくんを入れさせたい中高一貫校
(あっくんの志望校と同じ)に 特化 しています。



浜学園でも、あっくんの所属する教室のように
規模の小さいところでは

各種講習 をうけるのに
近隣の大きい教室まで行かないといけません。

コース別に分かれる 6年生からが大変です



対して、地元の進学塾ではそこ一つで
すべてをまかなえ、子供に余計な負担がかかりません。



浜学園は 最難関校 への合格者数が多いことを
売りにしていますよね。

あっくん、りっくんの志望校は
難関校 の位置づけなので

浜サイド的には、
まあそこなら大丈夫でしょう
という感じを持ってらしゃるように
見受けられます。

でも、実際はこの教室で
一番受験数が多いのはそこだし
落ちている子もいるんですよね。



地元の進学塾はその学校への合格者数を
売りにしているようです。

ということは

この学校を志望している生徒に対して
親身に対応してくれるのでは
つい期待してしまうのです。


浜学園の教材は いい教材 だと思いますが、
難関校にフィットしているのかは不明です。

テストが多く、その結果に基づいた
Web上、書面上の 情報やフォローは細やか
役に立ちます。


授業の進み方の構成も
同じ単元をレベルを上げつつ
何回も再学習できる ように
よく作られているように思います。

ただし、
先生からの個人的なアドバイスなどはない
ですね。

成績が落ち続けどうしたらよいのか
わからなくなり、面談をうけても
こまかいアドバイスは出てこない です。

教材、情報の提供は素晴らしい ですが、
あとは家庭まかせなところがあるように
感じています。


しかし、地元の進学塾も

外側から勝手に感じた印象だけで
いいところ・わるいところは実際よくわかってないので

一回、夏期講習 にりっくんを通わせてみようかと
思っています。



慎之介 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村