播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 中学受験の理由 & 志望校選択
FC2ブログ
まず、なぜ中学受験をさせるのか

わたし独自の考えです

大学に行く人は全員、
大学受験はするとして

それまでに、小学受験か、中学受験か、高校受験か、
絶対に1回は受験を経験しないといけない

それなら、いつさせるのか
ということになります。

私は高校受験でした。
結局、自分の過去の経験を基に考えるしかないので
あくまで私の経験から私が感じたことですが、

・小学生の時の友達は単なる近所の幼なじみ。

・中学生の時の友達は距離に関係なく
 馬が合った本当の友達。

・でも高校受験でみんなと別れてしまった。

・私が入った高校は国立大学へ行くには地域で
その高校が唯一とのことでした。選択肢がなかった。私立高校、大学は経済的に許されなかった。

・自分としては高校の同級生より、中学の同級生のほうが面白かったなという思いが残っている。

・高校受験でいい流れを無理矢理分断させられたという感じが今も残っています。


小学受験は時期的に過ぎたので除外。

あとは中学受験か、高校受験かの選択になりますが、

中学2年、3年(13~15歳)といった多感な時期
色んなことを自主的に覚え、感じ、吸収しはじめた時期
受験勉強をするのは失うものが多い気がするのです。

小学生はまだまだ子供。
だから中学受験は親の管理なしでは無理です。
言い換えれば、親がかなり手伝ってあげることができる
ということ。

極端な高望みさえしなければ、失うものが少ない。
難点はお金がかかることですが。

そして中高一貫校に入ると、
一番大事な時期を
6年間同じメンバー、同じ環境で過ごせるという
メリットがあります。

私が息子に中学受験をさせる理由はこれです。

🌟🌟🌟

次に志望校選択ですが、

私の家庭はそんなに財力がある方ではないので
国立大学に行って欲しいと思っています。

となると、中高一貫校の中堅レベルではきびしいかなと。

でも最難関校まで行かなくても
難関校レベルでいいのではないか
と思っています。

最難関にたまたま入ることができたとしても
秀才児の集団の中で、あとが辛いかなと
気持ちよく過ごすには
そこそこの成績も必要かなと。

あと、自宅からの距離ですが、
部活動に専念するとしたら近場の方がよいかなと。

よって、志望校の条件
・中高一貫校で
・出来るだけ入る苦労が少なく
・入ってから生徒を育ててくれる
・そして通学時間が少ない所。

これらの条件を一番満たすところはどこか。

そして、実際に子供を連れて、

自宅近くの駅から電車で行き
駅から学校まで歩き、

オープンスクールで授業風景をながめたり、

文化祭に参加させたりして、
雰囲気を体験させ、感想を聞いてみました

🌟🌟🌟

1月20日、初めての志望校判定模試があります。

最難関校ではなく、上記の条件プラス、子供の感想を
参考にして第一志望を決め、提出しました。

その学校は入りやすいけれど
そこそこ大学進学の実績をある伝統校。
でも、そこまで底上げしてくれる分、
厳しい校風というイメージがありました。


説明会にいくと、

今は勉強勉強では通用しない。勉強以外に
 夢中になれるものを持ちなさい

と生徒には言っています。と仰っていました。

エッっと思いました。
今人気のS学園の影響かな。

生徒にとって悪いことではないと思います。
それに学校側が勉学に手を抜くわけないですし。

文化祭もきちんとした感じで好印象でした。

もうすぐ6年。
できれば合格間違いなし。ぐらいのレベルまで
持って行って、

中学入学してからも、
ある程度余裕を持てるようになれたらと思います。

慎之助

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://harimanokuni.jp/tb.php/140-d25c3914