播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ あっくんの受験まで3ヶ月を切りました
FC2ブログ


記事のアップがとどこおっていたら
あっという間に
あっくんの受験本番まで
3ヶ月を切りました。
中学受験ブログなのに。

仕切り直して
継続していきたいと思います。

さて、この日曜日、
浜の最後の合否判定テスト(第4回)でした。
第1~3回でまだあっくんは第1志望A判定をとれていません。
B、C判定までです。

今回、算数IIがボロボロだったそうです。。。
う~んどうでしょうか
あっくんが悪いと言った時は
ハンパなく悪いんですよね

11月には志望校のプレテストがあります。
そこでも合格判定がでると思うのですが
本番までに1回はA判定を取りたいところです。

もしA判定が取れなくても
絶対そこを受験すると
あっくんは決めてますので
合格できるように
その日に焦点を合わせ
コンディションを
持っていくしかないですね。

浜の公開テストの3教科総合偏差値も
6月をピークに急降下、低調になっています。

国語は比較的安定していますが
算数と理科が交互に足を引っ張ります。

だいたい弱点の単元と得意の単元が
わかっているので
復習をしているのですが
効果に持続性がない?
一時的に上がっても
また下がってしまいます。

浜のアドバイザーさんにちらっと言われ
引っかかっている言葉があります。

「初見の問題に弱いみたいですね」

どういうことなのか?
おそらく、

授業で解法を教えてもらい
その解法を元に
宿題で同じような問題や
すこし発展させた問題は解くことはできる。

でも、実力テストのこみいった問題を解くために
自分の思考力をフル回転して
どんな手を使ってでも解く
ということができていない

暗記に頼っていて
自分で思考することができていない
ということなのかなと思います。

あと本番まで3ヶ月。
家庭でどう対応していこうか。

アドバイザーさんに聞いてみました。

もう家庭でも志望校の入試過去問を解いていって下さい。
浜の土曜 TARGET で3年分は過去問を解くので
それ以前の過去問を用意して解いて下さい。
そして解けなかった問題を分析して
その単元の補充をして下さい。
と言われました。

つまり、
苦手分野をまんべんなくするのではなく
自分の志望校の入試問題に沿った勉強をしていくように。
その範囲の中の苦手分野に絞れということですよね。

赤本は一応購入して(2020年版)置いています。
早速、昨日あっくんと取り組みました。
結果、合格最低ラインギリギリ下、でした。

あっくんは
ドキドキする、ドキドキすると
やる前から言いつつ、
結構、やる気まんまんで取り組んでいたので
意外でした。

捨て問を見極めて捨てる練習。
自分でおおよその点数を計算しながら
解ける問題から解いていって、
正解7割ぐらいを目指す練習も
していこうと思っています。

慎之介 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://harimanokuni.jp/tb.php/269-8fdbc0c4