播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 直前期といえば・・・
FC2ブログ
あっくんがまもなく
受験直前期(1~2ヶ月前)に突入です。
ついにここまで来たか
という感じです。
あっくんはピンと来てないようですが
親の私の方が焦ってしまいます。

私にとって直前期と言えば、
自分の大学受験直前のあせりが
トラウマのようによみがえってきます。
30年前のことですが。

両親から経済的に私立大は無理。
それに浪人も無理。と言われていました。

入試一週間前なのに、
あまりにも実力不足で
このままではやばい
どうしよう

もっと真面目に
高校生活を送るんだったと
後悔した覚えがあります。

塾にもいってなかったし、
両親は中学校しかでておらず
アドバイスはでてこないですし、
高校の先生とも親しくなかったので
相談できず(進路について対立していた)

本屋で問題集を買って
一週間ろくに寝ずに勉強しました。

やるだけやったし
これ以上、もはやしょうがない
という心境に至ったのか

本番では妙に落ち着き
頭も冴え、結局、
志望校の国立大学に
合格することができたのですが、
もうあんな思いをするのはこりごりです。
(怠惰な自分が全面的に悪かったのですが。)

大学受験では助けられないかもしれませんが、
中学受験では親はサポートできますし、
親のサポートなしに合格できないのが
中学受験です。

なんとしても結果を出して
いい成功体験にしてあげたいと思います。

ではこの受験直前期、
どう過ごしたら良いのか

本屋で中学受験に関する本を探し
良い本に出会いました。

勇気づけられる一冊です。

最強の中学受験 「普通の子」が合格する絶対ルール [ 安浪京子 ]


この本によると
子供が一番伸びるのは
本番の1~2ヶ月前で、

逆転合格には

 🌑徹底した志望校対策
 🌑直前期に波に乗ること
 🌑当日の子供のメンタル

が必要だそうです。

そしてピークを本番にもってくる過ごし方や
志望校の過去問の取り組み方が
書かれています。

志望校選びについても色々と書かれており
興味深かったのが
男女共学について。
あっくんも第1志望は男女共学で
第2志望は近くの男子校なのですが、
あっくん的には男女共学が良いとのこと。

でもおっとりしているあっくんは
男子校の方があっているようにも思います。

この本にもそのことについてふれており、
男子校や女子校の方が自分をさらけ出すことができる、
女子の方が心身の発達が早いので
気の弱い男子はキツい思いをすることが
あるとのこと。そうかもしれませんね。
一方、共学では男女の友情や恋愛が
身近になるのがメリットとか。
でも進学校ではきついのでは?

まあ第1志望に合格したら
そこはあっくんにがんばってもらうとして

直前期に向け
志望校対策用に
家庭学習のスケジュールを組み直して
この連休から本格始動したいと思います。

慎之介 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(関西有名塾)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 子供あり夫婦へ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://harimanokuni.jp/tb.php/271-4952124d