播磨国慎之介&トトさんのまったり家族ブログ 熱の華はなぜおきるのか?対処法は?
FC2ブログ
今、風邪で鼻の下、熱の華(はな)だらけです。
痛いし、みっともないです。(/_<)

熱の華について自分が知っていることを
簡単にまとめてみました。

目次


1.熱の華とは?原因は?
2.対処法は?
3.私と熱の華
4. おわりに







1.熱の華とは?


別名、口唇ヘルペスといいます。
口の周りなどに水ぶくれを生じさせます。
ビリビリ痛く、ひどい場合は熱が出ます。

乳幼児の頃に感染した単純ヘルペスウイルス1型が、
頭部の三叉神経節にそのまま住みつき、ある程度年齢が経ってから
出てくるのが原因です。
免疫力で封じ込められていたウイルスが、免疫力の低下で出てくる訳です。
水ぶくれから、直接的、間接的に他者にうつります。家族は注意です。
免疫力の低下を起こす要因は様々です。
病気、ストレス、単なる老化、肉体疲労、寝不足など。




2.対処法は?


放っておいても1~3週間ぐらいで直ります。
早く直したい場合は皮膚科、内科、歯科に行きます。

予防として
・ふだんから睡眠を十分とること。
・ストレスに気をつけること。
・疲れすぎないこと。
・風邪予防。手洗い。
・強い日光に当たらないこと。

なってしまったら、
・免疫力を低下させた要因を見極め、対処。
・水ぶくれを触らない。→できたカサブタはほっとく。
・手を良く洗う。
・タオル等、別にして他者への感染を防ぐ。
・病院で抗ウイルス剤軟膏をもらう。
注意:ステロイド軟膏は塗ってはいけません。
 ウイルスが増殖しひどくなる可能性があります。


今のところ完全にウイルスを除去する手段はなく
何回も再発を繰り返します。
ウイルスが暴れ出さないように付き合っていくしかありません。



4.私と熱の華


・初めて発症したのは目尻。小学校参観日の日。
・30代から鼻の下にできるように。
・大事な会議など無意識下のストレスでも出るように。
・風邪をひくと必ず出るように。
★★
私と熱の華の付き合いは40年ぐらいになります。
小学生の時、参観日に積極的に手を上げないとひどく
母親におこられてました。
しかし、その日はどうしても手を上げられなかったんです。

私は家に帰って鏡を見てびっくりしました。

顔がお岩さんになっていたのです。

目尻が熱の華で腫れ上がっていました。
いつなったのかはわかりません。(帰宅中?)
一番に気づいたのが自分だったというのが
当時少し悲しかったのを覚えています。

母親もずっと熱の華を発症していました。
しょっちゅうワセリンを塗っていました。
カサブタができたら直りが遅いから。
と言っていました。
おそらく乳幼児期に母から感染していたのだと
思います。

それからはほとんど発症しませんでしたが、
20代後半になってから頻繁に出るようになりました。
抵抗力が落ちてきたのだと思います。

30代になって目尻には出なくなり
鼻と口の間に出るようになりました。
風邪の時はたいてい出るのですが、
おもしろい(?)のは、何でもない日に
突然出る時があるのです。


苦手な人と接すると
そのとき、この人は苦手だ。と意識していなくても
鼻の下がピリピリとくるのです。

鬼太郎のアンテナみたいに。

それから、冷静にじっくり考えます。
なぜ苦手なのか、自分が悪いのか、相手が悪いのか、
過去の誰かに似ているからか・・・これからどう対処するか・・
そしてある程度、頭が整理されると熱の花が
発症されずに終わるのです。

出るときもありますが、すぐ直るような気がします。

自分を分析して折り合いをつけるのが
上手になったということでしょうか。
免疫力とは微妙なものですね。


4. おわりに


長々と自分のことを書いてしまいました。
少しでも参考になればと思い書きました。

慎之介

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://harimanokuni.jp/tb.php/58-72d66ee8